JSPORTSならスカパー!J:COMよりスカパーをおススメする理由

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

J SPORTSはラグビー観戦に欠かせないテレビ局です。

J SPORTSは衛星放送とケーブルテレビで見れる放送です。

他にもインターネット接続をしたひかりTVでもJ SPORTSを見れますが、J SPORTSのメインはスカパーとJ:COMになっています。

J SPORTSの視聴に2つの選択肢ができましたが、次はスカパーとJ:COMどちらに加入すべきかの悩みが出てきます。

仕事をしていると1日中テレビを見ているわけではないので、できるだけ低価格でお得に、しかも手間をかけずに見たいというのが本音です。

そこでどちらに加入すべきか迷いながらいろいろと調べた結果、スカパーかJ:COMのどちらに加入するか迷っているあなたにおススメするなら「スカパー!」という結論にたどり着きました。

なぜスカパーをおススメするのか、スカパー・J:COMそれぞれのメリット・デメリットを紹介するとともに、スカパーをおススメする理由をまとめていますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

スカパー!とJ:COMの違いメリットデメリット

J SPORTSを見るのにスカパーをおススメする理由を知ってもらうために、スカパーとJ:COMについてそれぞれ説明します。(スカパーはプレミアムサービスではなく通常のスカパーです)

スカパー

・スカパーJSAT株式会社が運営
・アンテナを設置して視聴又は、光回線、ケーブルテレビで視聴
・約80チャンネルの有料放送サービスがある
・スカパーに加入することでBSスカパーも視聴できる
【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!

メリット
・B-CASカードを使用するため、専用チューナーが不要
・市販のレコーダーで録画が可能
・光回線、ケーブルテレビを利用する場合、画質が安定している
・見たいチャンネルを1チャンネルから選んで見れる
・解約、再加入が基本無料
・スカパーオンデマンドが無料で利用できる

デメリット
・アンテナを使用する場合、天候によって画質が乱れる

J:COM

・KDDI株式会社の連結子会社、株式会社ジュピターテレコムが運営
・電柱に張られている同軸ケーブルを利用して視聴するためアンテナが不要
・約90チャンネルの有料放送サービスがある
まとめてお得!【TV・NET J:COM】

メリット
・同軸ケーブルにより天候に左右されることがないため、画質が安定している
・コミュニティチャンネル(地元地域の情報を発信)がある

デメリット
・電磁波によるノイズを拾いやすい
専用チューナーが必要(購入またはレンタルでJ:COM専用のもの)
録画をするには、専用レコーダーをレンタルする必要がある(月額800円)
・1チャンネルでなく、パック契約になる
・営業連絡が多い

スカパーVS J:COM

スカパーとJ:COMのメリット・デメリットを紹介しましたが、圧倒的にスカパーの方がメリットが多いです。

しかもJ:COMは悪い口コミが多いため、余計におススメできません。

J:COMは回線が遅いんですね。

専用チューナーの有無や録画についてもポイントです。

スポンサーリンク

スカパーとJ:COMそもそも見れる?

J SPORTSを楽しむ前に、スカパーとJ:COMがそもそも対応しているか確認しなければいけませんので、それぞれの確認方法を紹介します。

スカパーを見れるか確認

スカパーはアンテナ・光回線・ケーブルテレビにつながっていれば見ることができます。

まず、テレビとHDDレコーダーにBS/CSチューナーが内蔵されているか確認をしましょう。

リモコンに「CS」ボタンがあれば、内蔵しているということです。

内蔵されている場合は、スカパーを受信できるか確認します。
①CS→番組表の順にボタンを押す
②CS161/QBCを選局

CS161はスカパーの無料放送です。

CS161が映ればスカパーを受信できるということですので、スカパーを今すぐに始められます。
【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!

 

スカパーを受信できない場合は、アンテナを設置するか光回線経由で見ることができるようになります。

光回線が利用できるかについては、スカパー公式ホームページ内から確認することができます。

「加入/再加入」から「スカパー加入ガイド」を選択し、「CS161が映らなかった方は」から光回線の対象かを確認してください。
スカパー!

光回線の対象外だった場合や、アンテナ設置をしたい場合は通常申し込みを行ないますので、BC/CSチューナーが内蔵されているかの確認のみでO.K.です。

スカパー対応のケーブルテレビを利用すると、アンテナ設置が不要、光回線の申し込みも不要です。
スカパー!対応ケーブルテレビ局一覧

一覧にお住まいの地域が載っていれば、スカパーへの申し込み不要でJ SPORTSや他のチャンネルを楽しむことができます。

J:COMを見れるか確認

J:COMは対象地域が限られています。

自宅がJ:COMに対応しているかホームページから確認をしましょう。

「J:COM対応物件を探す」から郵便番号を入力することで、確認ができます。
J:COM TV




スポンサーリンク

私がJ SPORTSを見るのにスカパーをおススメする理由

スカパーはメリットの紹介ばかりになってしまいましたね。

でも調べると調べる分だけスカパーの方が良く思えるんですよ。

中でも私がスカパーに加入する1番のメリットと考えるのは、「見たいチャンネルを1チャンネルから選んで契約することができる」ことです。

スカパーですと、基本料月額390円(税抜)プラスJ SPORTSチャンネル代月額2,286円(税抜)の計2,676円(税抜)で視聴できます。

しかしJ:COMの場合はJ SPORTS単体で契約することができないため、1番安いパックの基本料月額3,900円(税抜)プラスJ SPORTSチャンネル代1,833円(税抜)の計5,733円(税抜)がかかります。

J:COMはパック販売の分、J SPORTS以外の他のチャンネルも見ることができます。

でもJ SPORTSを見たいだけの場合は、スカパーの方が断然お得だということがよくわかりますよね。

しかもスカパーなら、加入月は視聴料無料でJ SPORTSを見ることができるという特典もあります。

J SPORTS以外のチャンネルを見たくなった場合でも、スカパーとJ:COMを比較するとスカパーの方が安く視聴できますので、チャンネル追加のことを考えても、スカパーの方が自信を持っておススメできます。

 

以上、J SPORTSならスカパーをおススメする理由をまとめました。

ワールドカップだけでなく、高校ラグビーや大学ラグビー、世界のラグビーを楽しめるJ SPORTSはラグビーファンに欠かせないテレビですので、J SPORTSに加入してもっとラグビーを楽しみましょう!

スカパーでJ SPORTSを始める場合はこちらから
J SPORTS

J:COMでJ SPORTSを始める場合はこちらから
まとめてお得!【TV・NET J:COM】

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました