ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催都市はどこ?会場はここ!

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

9月20日から開催されるラグビーワールドカップ2019!

開催場所は日本です。

日本初開催となるラグビーワールドカップです。

日本中を盛り上げるために日本各地の都市の会場で開催されます。

2015年のラグビーW杯イングランド大会では、日本が南アフリカに勝利したことでラグビーが大注目され、フィーバーしましたね。

それからもう4年。

今回のワールドカップは2015年以上の盛り上がりを見せるでしょう。

ワールドカップは日本のどこで開催されるのか!?

ラグビーワールドカップ2019日本大会について、開催都市と会場を紹介します。

ご覧ください。

スポンサーリンク

ラグビーW杯日本大会の開催都市と会場はどこ?

47ある都道府県の中から今回のラグビーW杯2019日本大会の開催都市と会場はどこに決まったのでしょうか?

全12か所になっています。

試合順に紹介していきます。

 

1か所目は、第1日目の9月20日に開催される、日本の首都東京の東京スタジアムです。

2020年には東京オリンピックが開催されるこの東京にて、第1試合となる日本VSロシアの試合が行われます。

東京スタジアムでの試合は、初日の9月20日を含め、全8試合が行われます。

 

2か所目の開催会場は、北海道の札幌市にある札幌ドームです。

札幌市は、ラグビーW杯2015で日本代表のキャプテンをつとめたリーチ・マイケル選手の出身校である札幌山の手高校のあるところです。

試合を見に行くついでにおいしいものがたくさん食べられますね。

札幌ドームでは、全2試合が行われます。

 

3か所目は、神奈川県横浜市にある横浜国際総合競技場です。

日産スタジアムの愛称で親しまれていますね。

横浜はなんと日本ラグビー発祥の地です。

ラグビーファンが多く集まりそうですね。

観光地もたくさんありますので、ラグビー観戦と観光とどちらも大満足できる場所です。

横浜国際総合競技場では、全7試合が行われ、決勝戦もこちらで行われる予定です。

 

4か所目は、大阪府東大阪市にある東大阪市花園ラグビー場です。

ラグビーの聖地、花園の登場ですね。

大阪府内には全国制覇の経験がある高校がたくさんあります。

観光地として外国人にも人気の場所となりますので、1日中思いっきり楽しめること間違いなしです。

東大阪市花園ラグビー場では、全4試合が行われます。

 

5か所目は、愛知県豊田市にある豊田スタジアムです。

私も実際に行ったことがありますが、すごい迫力のあるスタジアムです。

豊田市は世界に誇る自動車ブランド『トヨタ』の本社のある場所です。

外国人にも有名な場所ですね。

食べ物がおいしい名古屋市も近いですので、食とラグビートヨタ楽しめます。

豊田スタジアムでは、全4試合が行われます。

6か所目は、埼玉県熊谷市にある熊谷ラグビー場です。

毎年暑さを競っている熊谷市ですね。

ラグビーW杯が開催されるころは涼しくなっているでしょう。

ラグビーで有名な伝統校の多い埼玉県。

熊谷ラグビー場では、全3試合が行われます。

 

大迫力の4K放送を楽しもう!J:COM

7か所目は、岩手県釜石市にある釜石鵜住居復興スタジアムです。

「かまいしうのすまいふっこうスタジアム」と読みます。

東日本大震災では被害の大きかった岩手県釜石市ですが、復興に向けて着々と進んでいます。

他と比べると収容人数は少なめですが、復興のお手伝いとしてぜひ訪ねてほしい場所です。

釜石鵜住居復興スタジアムでは、全2試合が行われます。

 

8か所目は、福岡県福岡市の東平尾公園博多の森球技場です。

多くの日本代表選手を選出している福岡県です。

福岡といえばラーメンですよね。

ラグビー観てラーメン食べ歩き、あこがれです。

東平尾公園博多の森球技場では、全3試合が行われます。

 

9か所目は、兵庫県神戸市の神戸市御崎公園球技場です。

社会人ラグビーで有名な神戸製鋼のあるところですね。

港町として多くの観光客も訪れている場所で、外国人にも人気の神戸牛を味わうことができます。

港町ですので、いろんな国の文化を取り入れられている地域になります。

神戸市御崎公園球技場では、全3試合が行われます。

 

10か所目は、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園エコパスタジアムです。

ヤマハ発動機ジュビロがある静岡県で、数多くのアスリートを輩出しています。

富士山が有名ですよね。

ラグビー観戦をしながらB級グルメも楽しめるのでしょうか。

小笠山総合うんどうこうえんエコパスタジアムでは、全4試合が行われます。

 

11か所目は大分県大分市の大分スポーツ公園総合競技場です。

日本一の源泉数を誇る大分県の登場です。

外国人選手たちには、ぜひ温泉につかって疲れをとっていただきたいですね。

大分スポーツ公園総合競技場では、全5試合が行われます。

 

ラスト12か所目は、熊本県熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場です。

熊本県も地震で大きな被害を受けました。

その後豪雨被害もありましたね。

今回のラグビーワールドカップでさらに元気を取り戻してほしいです。

熊本では小学校から体育でラグビーの授業が取り入れられています。

みんなで大盛り上がり間違いなしですね。

熊本県民総合運動公園競技場では、全2試合が行われます。

 

 

以上、ラグビーW杯2019日本大会の開催都市と会場を紹介しました。

日本全国で開催されますので、日本中で大盛り上がりです。

まずは初戦の9月20日です!

開幕が待ち遠しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました